小笠原へ行くには

 

  小笠原は一番大きい父島でも23.8km²しかないですが、ここだけでしか味わえない魅力がたくさんあります。

  小笠原には、固有種で真夏に咲くムニンノボタン、不思議な形のタコノ木、初夏に可憐な花をつけるムニンヒメツバキ(村の花)や秋田の竿灯が偲ばれる美しい花が連なるハカラメ(セイロンベンケイ)、夜になるとネオグリーンの光を放つ神秘的なグリーンぺぺ(ヤコウタケ)など珍しい花がたくさんあります。

 

  どこまでも続く紺碧の海「ボニンブルー」では、1年中、一緒に遊んでくれるミナミハンドウイルカとジャンプが得意なハシナガイルカがいます。またザトウクジラ(12月~5月)とマッコウクジラ(5月~11月)の悠然たる姿も見られます。ここでのダイビングとシュノーケリングは最高。

  360度の景色を一望できる父島・中央山、母島・乳房山の山頂。川が流れているような父島・兄島瀬戸。タコノキやオガサワラビロウで南国気分がいっぱいの母島・南崎。貨幣石(有孔虫の一種)を含む地層が露出している母島・御幸浜。枕を積み重ねたような枕状溶岩。世界でも珍しい「沈水カルスト地形」の「南島」(国の天然記念物)など、見過ごせない景観が数多く散在します。

 

  ただし、入島するには「適正な利用のルール」を守りましょう。 もしかしたら、天然記念物のオガサワラオオコウモリ、オガサワラノスリ、アカガシラカラスバトに会えるかも。さあ行こう!小笠原へ !

交通手段

 

 

父島へ

  小笠原・父島へは、東京都港区・竹芝桟橋から出港する定期船「おがさわら丸」(11,035トン)で行きます。通常では、6日で1往復ですが、ゴールデンウイーク、夏季、年末年始は特別ダイヤが組まれます。運賃、出港日や時刻表については、小笠原海運株式会社(03-3451-5171)へお問合わせください。

母島へ

  小笠原・母島へは、父島・二見港から出港する定期船「ははじま丸」(499トン)で行きます。

ははじま丸運航の詳細については伊豆諸島開発株式会社(03-3455-3090)へお問合せください。

© 2015 Ogasawara Association.All Rights Reserved.