賛助会員を募集しています!!

賛助会員とは

 

〔賛助会員〕
1.賛助会員とは、協会の目的及び事業に賛同し、協会の行う事業を援助するために賛助会費を納入した人を

 いいます。
2.賛助会員には、個人又は法人として申込むことができます。申込み後は毎年継続されます。
3.賛助会員が賛助会費の納入を滞ったときは、賛助会員の資格を失います。

 

〔賛助会費〕
1.賛助会員は、毎年度(4月から翌年3月)、個人にあっては1口3,000円以上、法人にあっては

 1口6,000円以上を納入します。
2.個人の場合は、初年度に限り入会金1,000円と1口3,000円になります。

 入会時に2年度分(6,000円)以上納入される場合は入会金が免除されます。なお、3年目からは、

 年度ごとの納入になります。
 

賛助会員になるには

 

1.賛助会員になるためには、下記のいずれかで、まず入会申込書を入手してください。

 ①電話で、協会(03-3432-4921)に必要書類の送付を申し込む。

 ②下記からダウンロードする。

 

2.協会設立趣旨と賛助会員制度についてご理解ください。(①、②を必ずお読み下さい)

 

 

 

 

 

 上記の2ファイルを読んだ上で賛同されますか?

   

※Yesをクリックすると入会申込書ダウンロードページへ飛びます。

 

3.入会申込書に必要事項を記入し、協会へ提出(郵送、FAX、e-mail)して下さい。

       住所 〒105-0022 東京都港区海岸1丁目12番2号 竹芝客船ターミナル2階

   名称 公益財団法人 小笠原協会

   FAX   03-3432-4487

       e-mail   kzho@ogasawarak.jp 

 
4. 下記口座に会費を振り込んで下さい。(入金確認に3~4日必要です)

ゆうちょ銀行の場合は「払込取扱票」又は銀行口座振込にてご送金下さい。

 

①ゆうちょ銀行         振替貯金口座    00190-9-64610 

②みずほ銀行芝支店    普通預金口座    店番号054      口座番号 3242428


5.初年度は入会金1,000円と一口3,000円の会費です。
(一口の場合、初回納入金額は4,000円です)
但し、入会時に2年度分の会費を納入された場合は、入会金は免除となります。
次年度からはお申込み口数の会費分(一口3,000円)の納付書を送らせていただきます。
*年会費の有効期間は、年度末の3月までです。
*会費入金手続き後の返金は致しかねますのでご了承ください。

*過年度分についても未納の場合はご納入のお願いをお送りしていますが、退会される場合は、お電話またはメールでご連絡ください。

 
賛助会員の特典

 

1.賛助会員は、次の特典を受けることができる。

 

 

 


2.賛助会員が観光事業、調査その他の活動に関する事項について機関紙「小笠原」及び「特集号」に掲載を希望する場合、小笠原諸島にとって有益だと認められるときは、紙面の許す範囲で掲載することができます。

(1)

協会の発行する機関紙「小笠原」及び「特集号」の無料配布。

(2)

上記の印刷物のほか、予算の範囲内において、本協会が随時発行する印刷物の無料配布。

(3)

賛助会員(個人)は、小笠原海運株式会社が運航する「おがさわら丸」の運賃割引利用。

Please reload

おがさわら丸の運賃の割引制度とは

 

 公益財団法人小笠原協会は、運賃割引事業を小笠原海運株式会社(以下「小笠原海運」といいます。)の協力を得て実施しています。
  運賃割引事業は、旧島民の帰島援護事業の一環として里帰り経費の軽減を図り、渡島の機会を多くすること

 により旧島民の帰島促進につながること。また、小笠原諸島復興・振興事業等に従事した方及び当協会賛助会

 員も機会があれば渡島を希望していること。
  さらに、小笠原への渡島者が増えることによる産業振興等に与える経済的効果や、小笠原村に賑わいが増進

 し島民の福祉に寄与することなどを目的として実施するものです。

 

 運賃割引事業の対象者は、以下のとおりです。

   1.小笠原村以外に居住する旧島民とその子孫(配偶者並びに3親等以内の親族)

  「旧島民」とは、昭和19年3月31日に小笠原諸島に住所を有していた人で、昭和43年6月25日に小笠原

  諸島以外の本邦の地域に住所を有していた人をいいます。

 2.小笠原諸島復興及び振興並びに振興開発に従事した方

 3.小笠原協会の賛助会員

  「賛助会員」とは、小笠原協会の趣旨に賛同し、その事業を援助するために賛助会費を納入した方です。

 

 

 対象船舶と船室及び割引率は以下のとおりです。

 1.船舶:おがさわら丸

 2.船室:特2等及び2等船室(いずれも2割引き)
 

割引乗船券の購入手続き

​1.乗船券は乗船日の2週間前までに予約してください。
​2.小笠原海運(株)本社(03-3451-5171)に小笠原協会賛助会員である旨を告げ、必ず往復の乗船券を予約してください。
※入会前に割引を適用して申し込むことはできません。また、通常料金で乗船予約をした後に入会し、割引を適用することはできません。
3.予約後、小笠原協会が発行した「賛助会員証」に『生年月日』、『押印』があることを確認して、小笠原海運(株)あてにコピーを郵送するか、ファックス(FAX03-3451-4522)してください。
※賛助会入会後、皆様にお送りする「賛助会員証」がそのまま「割引証明書」になります。大切に保管してください。
4.その他
 ① 旅行代理店等及び小笠原海運(株)インターネットでの予約は割引の対象外です。
 ② 仕事での利用、1ヶ月以上訪島の場合の利用、他の割引(団体・学生割引等)との重複利用はいずれもできません。
​ ③ キャンセル料等は、小笠原海運(株)の約款によります。
小笠原訪問並びに交流ツアー

 

【ツアーの目的】
11月初旬頃の比較的閑散期に旧島民のほか参加者を募り、小笠原村の観光、産業など小笠原の経済的効果及び地域活性化等に寄与することを目的とする。


【ツアーの概要】
(公財)小笠原協会が「イベント企画」として交流ツアーの基本計画を策定する。
小笠原海運㈱は「旅行主催者」として基本計画に沿って実施計画を策定する。
小笠原協会は小笠原村と協力して小笠原村在住の島民と交流ツアー参加者との「交流会」を開催し、小笠原村に融和と活力を醸し出す。


【ツアー申込等】

ツアーの申し込みは小笠原海運株式会社へ直接電話にて申し込みする。

旧島民及び小笠原協会賛助会員の方は、申し込みの際にその旨、小笠原海運株式会社へお伝えください。
 

 

© 2015 Ogasawara Association.All Rights Reserved.